1. TOP
  2. ビジネスで重要な第一印象を良くする3つの方法

ビジネスで重要な第一印象を良くする3つの方法

2018/07/31 信頼関係
この記事は約 15 分で読めます。

こんにちは、磯辺です。

 

人間関係において
一番重要になってくるのは、
ファーストコンタクトだと思います。

その後の関係を順調に築いていくためにも
良好な関係を築いておきたいものです。

 

しかし、一度ついてしまった印象というのは
覆すことが難しいと言われています。

つまり、悪いイメージが先につけば
元に戻ることはできません。

 

と言っている私は
印象めちゃくちゃ悪いです、、、

今までの友達には
「仲良くなると思わんかった」
「絶対友達になれんと思っとった」
って言われる始末(笑)

まぁ、数多も印象を覆してきました。

その理由をあなたに教えることができれば
一番手っ取り早いのかもしれないですが
本人が一番分かってないです、、、(苦笑)

 

 

そんな第一印象ですが
良好な関係が必要になってくる場面が多い
ビジネスシーンでも関わってくるのでは
ないでしょうか?

 

営業、販売などの人と関わる仕事だけでなく
他の職業でももちろん人間関係は必須です。

そう言い切れるのも
初めて会った時に悪いイメージがつけば
それだけ売上に関わってしまうからです。

話を聞いてもらわなければ商品は売れません。
そうすれば、もちろん売上だって上がりません。

 

困りますよね、、、

現在すでに困っているのかも
しれませんね、、、

 

今回は、

・印象が悪いと言われたことがある
・商談相手から怪訝な顔をされる
・自分でも印象が悪いなという実感がある

そんなあなたに向けて
ビジネスで重要になる第一印象を
よくする方法についてお話してきます。

 

第一印象を少し良くするだけで
あなたの売上を上げることが
可能になるかもしれません。

 

それではよろしくお願いいたします!

 

ビジネスで第一印象は重要?

 

話を進めていく前に、そもそも
第一印象とは何なのかを明確にしておきましょう。

 

第一印象とは、、、
初めて会った人に抱く印象のこと
もしくは、初見のあなたの印象のことですよね。

考えなくてもわかることですが、
重要なのか、そうでないか考えると
絶対重要ですよね(笑)

 

なぜそこまで重要になってくるのか?って考えると
一度ついた印象ってそう簡単に変わらないからです。

だから、
初めて会った人がめちゃくちゃ嫌なタイプ
の人だったら、また会う機会があっても
その悪い印象が抜けなくないですか?

 

考えてみると
今の友達や、過去・現在にお付き合いしている
彼氏・彼女もあなたにとって印象がいい方
ばかりではないですか?

わざわざ悪い人と生涯を共にしようなんて
思えませんし、「この人が良い!」と思った
から今でも付き合いがあるし、
お付き合いもしてきたはずです。

 

商談だってそうです。

考えていただきたいのですが、、、

あなたがパッと相手を見て
「うわ、何やこの人印象悪っ!」
って思ったとしたら、、?

 

その商談を今後も続けていこうと思いますか?

 

思わないですよね。

 

奨学金の返金が少し遅れただけで
ブラックリストに入ってしまうように、
悪い印象がついてしまったら
なかなか払拭できないものなんです。

 

特にビジネスシーンにおいては
営業だと、
その後
・商品が買ってもらえるかどうか
・お客さんに話を聞いてもらえない
・信用を失ってしまう

こんなことにつながりかねません。

 

プライベートで人間関係を築くときにも重要に
なってきますが、
ビジネスにおいても初めて抱いたイメージは
これからの関係や売上を左右するくらい重要なんです。

 

第一印象は見た目で決まる

メラビアンの法則ってご存知ですか?

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
今一度理解しておいてほしいところなので
この法則についてお話していきますね。

 

メラビアンの法則とは、
アメリカの心理学者アルバート・メラビアン氏が行った
人の言動が、他の人にどんな影響を与えるのかを実験し、
その結果から導きだされた法則のことです。

 

この法則でメラビアン氏が謳ったことは2つあります

1つは、
第一印象は、出会って数秒で決まってしまうこと。

くわしく話していくと
人間は、
出会ってから早い人で3秒。
遅い人で15秒。
この短い時間の中で相手の印象を決めてしまいます。

そんなこと言われても自分の中では、
こんな短い時間で決めているなんて
驚きですよね。

「いつの間に!?」って思います(笑)

 

ということは、かなり無意識中で
第一印象を決めてしまっているんです。

 

もう1つは、人間はいざとなった時
最終的に優先するのは、
”視覚からの情報”
であるということです。

 

初めて会ったときに感情や、態度の中で
「あれ?なんか違うくね?」
「なんかここおかしいよね、、、」
って矛盾を感じた時、
人間が頼りにした情報が

・話の内容などの言語情報⇒7%
・話し方や話すスピードの聴覚情報⇒38%
・見た目などの視覚情報⇒55%

情報を得るために人が素にしているのが
視覚と聴覚からだという結果が出たんです。

 

余談ですが、豆知識程度に。
これは
『7-38-55のルール』と言われたり
それぞれを英語にし頭文字をとって『3Vの法則』
といわれていたりします。

 

 

それはさておき、、、

 

 

この2つの結果から分かるように、
人間が印象を決めるのは
3秒から15秒の間。

その間で、何か矛盾を感じ
「この人は駄目だ!」って決めるのに
参考にしているのが見た目と話し方だ
ということが分かりました。

正直、話の内容というのは
今すぐに変えようと思ってもできることではない
ですよね、、、

その時に話していることは
その場面によって違いますし。

それに今まで、
話し方のセールスブログをいくつか
書いてきましたが

・性格が内気だ
・緊張して上手く話せない
・そもそも話がうまくない

例外で
・方言がキツくて伝わらない
・話し方に癖がある
(私の地元だと「〇〇やちゃ」ですね(笑)
語尾が変なんです(笑))

こんな方もいらっしゃるし
いきなり話の内容をガラッと変えたとしても
それが馴染むまでに時間がかかってしまうのが
現実だと思います。

なので、情報をたくさん得られてしまう
視覚と聴覚を改善していきましょう。

視覚、聴覚というか
見た目と話し方です(笑)

 

ビジネスでチャンスを逃す人

実は、ビジネスの場でチャンスを逃す方の特徴にも
見た目や話し方が関連しています。

 

例えば、
話をするときに目を見ない人。

 

”目を見ない” という行動には、
自分の自信の無さが出てしまっています。

「これで合っているのか?」
「この話は分かりやすいだろうか?」

いろいろマイナスに考えてしまうほど
自分の能力が他より劣っているとか
経験に不安があるんです。

 

それと内気な人、恥ずかしがり屋さんも
目を合わせるのが苦手ですよね。

私もこのタイプで、
初めて会う人と話すのすごい苦手で、
緊張して焦点が定まってません(笑)

 

初めて話した学校の先生には
「どこ見とんの?めっちゃ天仰ぐやん(笑)」
って言われるくらいです。

 

でも、
営業の場面で置き換えると
目を見て話をないのって、信頼を失ってしまう
ことにもつながってしまうんです。

 

考えてみてください。

自分を名乗る時、商品説明をする時
目を見て話してくれなかったら?

「自分に自信ないんやな」
「商品に自信ないんか」

自信がないものを売りつけられる。

「どうなっとんの?」って思いませんか?

 

それに、目を合わせないことには
”相手を拒絶している”
という意味もあるんです。

「そっちから来たくせに、、、」って
思われてしまいます。

 

また、その他にも特徴があります。

 

1つは、声が小さいこと。
これも自信がないと思われてしまいます。

 

もう1つは、笑顔が全く無い人。
愛想が悪いだけではなくて、暗い印象を与えてしまいます。
なんか疲れているような、、、

そんな人がビジネスパートナーであったり、
営業マンであったり、
受付の方であったりしたら
不安になってしまいますよね。

「この人に任せて大丈夫かな」って。

 

 

あとは、身だしなみがなってない人。
これは明らかに印象が悪いですよね(笑)

 

電車に乗るとこんなビジネスマンを見かけます。

・腕まくりするのはいいけど、曲げたところがしわしわでぐちゃぐちゃ
・髪がボサボサ、前髪で目が隠れてる
・第一ボタン開けっ放し(ネクタイ着用時)
・後ろからシャツが出てる
・革靴がなんかもう、ドロドロ

 

忙しい方ばかりなのは分かります。
大変ですよね。
デスクワークして、外回りして、、、って

 

でも、どうしてもだらしなく見えてしまします。

 

大変なのはほんとにわかるのですが、
ビジネスシーンにおいて
だらしないと思われるのはデメリットです。

人格、仕事へのやる気、マナーの無さ
を疑われてしまいます。

 

ビジネスでチャンスを逃してしまう人は、
どんなにやる気があっても、
良い商談、プレゼンをしても
結果がついてこない人が多いです。

それは、先ほどから話しているように
あなたの見た目や、話し方が
第一印象を悪くさせてしまっているからです。

 

それってもったいないですよね。
せっかくやっているのに、、、

 

 

第一印象をよくして、
仕事で活躍していきましょう!

 

第一印象をよくする3つの方法

初めて会った人に良いイメージを持ってもらえるように
していきましょう!

 

ということで、
ここからが本題ですね。

 

第一印象をよくしていきたいと考えているあなたに、
やっていただきたいことが3つあります。

それが、、、

・目を合わせる
・常に笑顔で
・見だしなみに清潔感を

この上記3点です。

 

「もうできている!」
という項目もあるかもしれませんが
再度確認のためと
身を引き締めるためにも読んでいただけたら
いいなと思います。

それでは、お話していきますね。

 

目を合わせる

 

 

 

 

 

 

とりあえず目を合わせることから始めましょう。

、、、と言ってもそれができたら
とっくに印象が良くなっていますよね。

では、どうしたら目を見て話が
できるようになるのでしょうか?

 

コツとしては2つあります。

 

1つは、両目をしっかり見ようとしないことです。
目を見ろって言ったり、見るなって言ったり、
なんかもう訳が分からなくなっているかと
思いますが、、、

 

無理してまで両目を見ようとしなくていいよ
ということです。

無理してしまえば、余計目が泳いで
苦手意識がさらに増していくだけです。

では、どうすればいいのか?

それは、
相手の片目だけを見るようにするんです。

なぜに?片目だけ??

人間とはよくできているもので、
2つの目を使って器用に1つの物体を認識します。

ということは、
そもそも両目を同時に見ることはできません。

だから、右目か左目どちらかにピントを合わせるようにし
2つの目を使って1点を見つめましょう。

 

両目を見ようとするのではなく、
片目のどちらかを見る。

こちらの方が気分的に楽ですよね。

 

 

もう1つのコツは、
話をしている中で、いつでもいいので
目をそらしましょう。

 

見つめすぎは、相手を不快にさせ、
嫌悪させてしまうことになります。

相手がこちらに目を向けていないのに、
無理に目を合わせようとのぞき込んできたら
めちゃくちゃウザいですし、
傍から見れば、ただの恐喝している人です。

やらないとは思いますが、
気をつけておいてください。

 

目を逸らすタイミングとしては、
相手が目を逸らしたタイミングで
目を合わせるのも相手に合わせてあげましょう。

これは、ミラーリング効果を使っていて
相手に合わせた行動をとることで
「この人は自分のことを分かってくれる人だ」
と親近感を持ってもらうことができるものです。

 

この2つのコツを使って、
「この人から買いたい」
「この人だから頼みたい」
こう思われるように頑張ってみましょう!

 

常に笑顔で

 

 

 

 

 

 

やっぱり笑顔の人は、そうではない人よりも
印象はめちゃくちゃいいですよね。

マイナビウーマンの調べでこんな結果が出ています。

Q.”第一印象がいい”と思うのはどんな人?

1位 笑顔が素敵な人(36.6%)

 

Q.笑顔で第一印象は左右される?

〇はい ⇒93.3%
×いいえ⇒6.7%

※対象:マイナビウーマン会員
※有効回答数:299
※2014年5月実施

 

好感度を上げるには、笑顔は最強の武器です。

 

笑顔の人を見ることで、血行が良くなり体温が上昇
そして、相手に好感を持ちます。

逆に、機嫌がよくない人を見ると胃液の分泌が
悪くなってしまって
「この人は敵や!」状態になってしまって
嫌いになってしまいます。

 

嫌悪感なんて持たれたくないですよね。

 

でも笑顔を作ることが上手い人ばかりではない
のも知っています。

そんな方は、綺麗な笑顔を作らなくていいです。

はにかむくらいの少しの笑顔を作ってみて下さい。
上記にある女性の笑顔くらいです。

前歯を出して笑うことだけが笑顔ではありません。

あなたにとって
30%~50%の笑顔で構いませんよ。

というか、お客さん側からしてみれば
100%の笑顔ばかりしている方が
なんか怖いです。

ずっと100%の笑顔で見つめられる。

 

ちょっと猟奇的ですよね、、、(笑)

 

こう考えるとはにかむくらいの笑顔が
ちょうどいいのかもしれませんね。

 

身だしなみに清潔感を

 

 

 

 

 

 

 

先ほどのお話しも出てきたマイナビウーマンの
同じ調べで
2位に鎮座していたのが

”清潔感のある人(26.7%)”

でした。

 

『服装の乱れは心の乱れ』

学生時代に教わったように、服装や
身だしなみというのはその人の性格や
関心を表していると思います。

確かにチャラチャラしてる人の服装とか髪型って
だらしないですよね、、、(笑)

それに例え、
顔に自信がある人でも、だらしなければ
それまでです。

むしろ、自信がなくてもきっちりスーツや
身だしなみを整えているのなら
そのちらのほうが素敵な方です。

そして、
外回りに行く際、初対面の方と会う際は、
以下のチェックリストに
クリアしてから向かいましょう。

□髪はボサボサではないですか?
□前髪は目にかかっていませんか?
□爪は短くなっていますか?
□スーツにシワはないですか?
□革靴に汚れはありませんか?
□匂いのケアはしましたか?

 

普段のあなたはクリアできていましたか?

できていない項目があったら、
ぜひ対策してみてください。

清潔感のあるビジネスマンになれるはずですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、
なぜビジネスでは第一印象が重要なのかから
印象を良くする方法はどんなものか
お話してきました。

 

初めて会う人に良いイメージを持ってもらうには
以下の3点に気をつけていただきたいです。

 

1.話をするときは片目だけを見つめよう
2.はにかむ笑顔を心得て
3.服装の乱れは心の乱れ

この3点です。

 

仕事をしていれば
必然的に人間関係を良好にすることは重要に
なってきますよね。

そこで、キーワードになるのが
”第一印象” です。

初めのイメージが悪くなってしまえば
どうしてもその後の関係の雲行きが
悪くなります。

営業の場面になれば
売上を上げることができるかできないか
の瀬戸際になってしまいます。

それくらい
ファーストコンタクトはビジネスにおける
要なのです。

 

その要を構築していき、
あなたの印象がさらによくなっていくことを祈っています。

 

少しでもあなたの知識になりましたでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

High Power Salesの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

High Power Salesの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介

highpower-sales

highpower-sales

この人が書いた記事

  • セールス朝礼 54日目

  • セールス朝礼 53日目

  • セールス朝礼 52日目

  • セールス朝礼 51日目

関連記事

  • 顧客の信頼を得る3つのアプローチ方法

  • 情報発信をするほど専門家としての信頼は高まる

  • セールスに信用が必要な理由とは?信用を上げる方法。

  • きついルート営業で新人営業マンが持っておくべき心得とは?

  • 相手と信頼関係を築く方法とは