1. TOP
  2. 相手と信頼関係を築く方法とは

相手と信頼関係を築く方法とは

2018/06/12 信頼関係
この記事は約 8 分で読めます。

 

あなたは普段から人に信頼されていますか?

 

どんな人からも信頼を得ることは難しいと思いますが、

信頼は自分の人生を豊かにしてくれるものであるため、

より多くの人から信頼されることが重要なのです。

 

 

信頼関係が築けているからこそできることもあり、

それは関係を築けていないことと比べて大きな差ができます。

 

 

しかし、

信頼関係を築くのは決して簡単なことではありませんし、

どうすれば人から信頼されるようになるのか分からない方が

いると思います。

 

そんな方のために今回は、

相手と信頼関係を築く方法をお伝えしていきます。

 

 

 

高額商品を売れる仕組みや営業の本質などの
テンプレートやマニュアルを受け取りたい方はこちら

 

 

相手と信頼関係を築くことのメリット

 

 

信頼関係の大切さは理解している人が多いと思いますが、

それによってどんなメリットが生まれるのでしょうか。

 

・価格競争から脱出できる

 

相手との信頼関係ができていれば、

自分の売りたい値段で商品を売ることができます。

 

なぜなら、相手は値段ではなく「この人から買いたい」と思って

商品を買ってくれるからです。

 

・紹介してもらえる

 

誰かを紹介する際には自分の責任も乗るため、

信頼関係がないとなかなか紹介してもらえないのです。

 

 

・リスクを回避できる

 

なにかトラブルに巻き込まれたときに信頼関係があれば、

周りが援護してくれます。

 

・集客から解放される

 

信頼を得ることができれば、リピーターやファンができるようになります。

そうすれば「あなただから買いたい」と向こうから来てくれる人が増え、

集客は必要なくなります。

 

 

・高額商品が売れる

 

値段が高い商品は誰でも手を出しにくいものです。

ですが、あなたも何回も買ったことのある会社からは少し高い商品でも買うと思います。

それは相手を信頼しているからです。

信頼しているからこそ「ここの会社から買えば安心だな」と思って

買うのです。

 

メリットを紹介しましたが、より相手と信頼関係を築くことの大切さが

分かっていただけたと思います。

 

 

もし相手と信頼関係がなかったら

 

 

もし信頼関係がなかったらどうでしょうか。

 

さきほどお伝えしたメリットとは逆のことが起きてしまいますよね。

自分の売りたい値段では売ることができず、

しまいには相手に値切られてしまいます。

また高額な商品を売ることもできません。

 

さらには、「またこの人から買おうかな」と思ってもらうこともできず、

ファンもできなければ、リピーターも来ません。

 

そうなれば、集客をすることになります。

 

紹介もなければ新規ビジネスでいつまでも

集客に苦しむことになってしまいます。

 

集客に苦戦していてはいつまでたっても

商品を売ることができませんよね。

 

商品が売れなければ当然、売り上げもあがらず

その状態が続けば、最悪

生活ができなくなってしまう可能性もあるのです。

 

そんなことにならないためにも

信頼関係はしっかりと

築いておくべきです。

 

しかし、実際どうすれば

信頼関係を築くことができるのか

分からない方もいると思います。

 

次からは相手との信頼関係の築く方法について

ご紹介します。

 

 

ちなみに、セールスノウハウを
毎朝無料でお伝えしている朝礼はこちら

 

 

相手に安心感を与える

 

安心感を与えるためには相手に見方だと思ってもらえることが大切です。

 

安心することで心を開いてくれれば、

グッとお互いの距離は縮まります。

少なくとも敵ではなく、見方と思われるでしょう。

 

ではどうすれば安心感を相手に与えられるのでしょうか。

 

まずは、

笑顔を意識しましょう。

 

これは基本的なことですが、できていない人も中には

いるかもしれません。

 

もし無表情だったり、眉間にしわを寄せていたら

自分に対して興味がない、よく思われてないと感じてしまいます。

 

そうなれば、安心なんてできませんよね。

むしろ警戒してしまいます。

一向に心を開いてくれません。

 

 

人の表情はイメージにも影響を与えるため、

笑顔で接することで相手に安心感を与えましょう。

 

 

 

 

相手との親近感を

 

 

信頼関係には親近感も大事な要素になってきます。

相手との距離が近くなれば近くなるほど

信頼は生まれやすいからです。

 

親近感を感じさせるには相手との

共通点が必要になってきます。

 

私も経験があるのですが、

学校であまり話したことのない人とでも

趣味が一緒だったり、好物が似ていると

結構話せたりしました。

 

また、

地元が一緒の場合や誕生日が近かったりと境遇が似ていても

結構距離が縮まります。

 

 

例え初対面の人とでも共通点があれば

少しでも距離が近くなるのです。

 

 

信頼関係を築きたい相手がいたなら

その人との共通点を探してみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

信頼感を大切にする

 

 

信頼感はもちろん信頼関係には必須のものです。

 

簡単に言えば、できるかできないかが信頼感には大きく関わってきます。

できないと相手に思われてはだめで、

できることが多いほど信頼感を抱かれやすいのです。

 

また求められることに対して期待に応えることも

充分効果があります。

 

 

仕事であれば、急に追加で頼まれた業務をすべてできれば

「ありがとう」と言われ、その人の信頼感は上がります。

 

身近なことでも誰かの相談に乗ってあげるだけでもいいですよね。

悩みを聞いてあげる、または聞いた上でアドバイスをすることで

相手の中に信頼感が生まれるんです。

 

 

 

報連相も信頼につながる

 

 

報連相とは相手と共有することです。

 

報告は過去を共有

連絡は変化を共有

相談は問題を共有

 

と中身は違いますが、共有することはお互いが同じことを知る

ということですから、信頼関係には欠かせません。

 

例えば、仕事で何かあったときに上司に報告しなかったとしましょう。

すると当然、「なんで言わなかったんだ」と

上司の信頼はなくなります。

良くない出来事の場合、報告があるかないかによってすぐ対処できるかどうかに

関わってきますからね。

 

また、自分は報告したつもりでもいけません。

自分はちゃんと言ったからいいやと思っていても、

相手に伝わっていなければそれは共有にはならないのです。

もちろん信頼など得られません。

連絡も同じですよね。ちゃんと伝えることをしましょう。

 

 

相談は上記の2つとは少し違いますが、信頼関係を築くためには

大きな効果があります。

 

相談は何か問題や悩みを抱えた人がするものですよね。

その人の相談に乗り、抱えた問題や悩みを解決してあげることができれば、

信頼度はものすごく上がります。

 

なぜなら、相談がその人にとって救いとなるからです。

 

一度問題、悩みを解決した人にとってはその相手は頼れる存在になり、

「また何かあったらあの人に相談してみよう」という気持ちになります。

 

違う機会にまた相談に乗れば、さらに信頼関係は強化されていきます。

 

 

このように報連相も相手と信頼関係を築くためには大切なことなんですよね。

 

 

 

ちなみに、セールスノウハウを
毎朝無料でお伝えしている朝礼はこちら

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか。

 

相手と信頼関係を築く方法がお分かりいただけたかと

思います。

 

信頼関係は仕事だけでなく、あらゆる場面で

役に立ちます。

 

 

ぜひ誰とでも信頼関係を築けるようになって、

よりよい人生を送ってくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

High Power Salesの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

High Power Salesの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介

highpower-sales

highpower-sales

この人が書いた記事

  • セールス朝礼 54日目

  • セールス朝礼 53日目

  • セールス朝礼 52日目

  • セールス朝礼 51日目

関連記事

  • 情報発信をするほど専門家としての信頼は高まる

  • ビジネスで重要な第一印象を良くする3つの方法

  • 顧客の信頼を得る3つのアプローチ方法

  • セールスに信用が必要な理由とは?信用を上げる方法。

  • きついルート営業で新人営業マンが持っておくべき心得とは?